あなたは「子ども」が好きですか? 

ちょっと苦手ですか?

 

『心穏やかに 子どもと接することができたらいいな・・・』

もしも そんな風に思っていらっしゃるならば

どうぞ このプログラムに触れてみてください

 

 

このプログラムでは、確かな理論に基づき

子どもとのより良い接し方を学んでいきます

 

また、母性・父性の役割など 

子供の成長過程に沿った関わり方や接し方

しつけについても知ることができます

 

 

子どもと一緒に過ごしていく中では 

たくさんの出来事が起こりますね

そんなとき、不快な感情をそのまま子どもにぶつけてしまいそうになる

または、いけないとはわかっているけれど

ついつい感情のまま ぶつけてしまうこともあるんじゃないでしょうか・・・

 

そんな不快な感情を自分でコントロールする方法を身につけていきませんか?

 

 

全12回のプログラム中、

6回は「不快感情の処理」を

そして残りの6回は自己への気づきや 

より良い子どもへの接し方などをゆっくりと学んでいきます

 

定員4~6人の少人数での開催です

誰にも批判や否定をされない

安心・安全な環境で

参加者の皆さんと講師が 語らい、

学びながら心地よい時間を共有していきましょう

 

 

 

本プログラムは確かな理論に基づいて開発されております

 

(株)メンタルサポート研究所グループ メンタルサポートライン・千葉

日本子ども虐待防止学会第23回学術集会ちば大会にて 一般演題(口頭)発表をしました。

 

また、RISTEX「養育者支援により虐待を低減するシステムの構築」

プロジェクトの養育者(親)プログラムとして紹介されています。

 

詳しくはこちらをごらんください。